38年齢サラリーマンが人生の転機だと感じたセフレとのめざましいセックス

38年代ママのそんなクチコミ(PCMAX)を見つけました。相互、普段のパートナーでは満たせないちょい変わった性癖を出会い系サイトで知り合ったパートナーと満たし合うという典型的な例のクチコミですよね。こういう女性は書いている「恋人との顔合わせがライフスタイルの分かれ道になった」というイメージは何か分かります。それまで体験したことがないようなセックスができる標的と知り合った一時、何か自分のライフスタイルが大きく変わっていくようなイメージをリアルに深く感じたりすることがボクにもありました。そういった顔合わせって出会い系サイトを使ってなかったら絶対になかっただろうなぁとも思いましたね。それが出会い系サイトの良さでもあると今では理解しています。【38年代の都内ママ(勤め人)】マックスで知り合った恋人は半田健人に似ていた。最初から今までとは全く違う顔合わせで、奥深い原因になっていくのだろうなぁという第六感があった。有名な待合室でもあるアルタの横の銀行前は人も少なく、待ち合わせ時間に着くやいなや相互が分かった。スーツ出で立ちの恋人は伸長も高くて、事前に交換していた撮影より総締め段イイメンズだった。会う前に送ってくれていた撮影は視線がガラリチリで細身の甘い趣だったけど、実機はメンズくさい大人の色気の有る33年代。保坂尚希に似ていると言われると言っていた。確かに通じるのかもしれないけど、ぐっと顔立ちがハッキリしていて、しかも基本的に容易い声色だからジゴロくさい軽々しい感じはほとんど受けない。まずは近くのカフェをめぐってアナウンスをすることにした。口数が早くシャイな恋人と向き合って、正に顔つきをしげしげと見てみると意外とカッコよかった。「モテるでしょ?」と聞くと、にっこりと頷きながら、「実はまったく結婚したばかりで、世間では新婚と言われる状況なんだよね」に関してらしい。確かに、薬指のリングは新品っぽくつやつやと光っていた。あとで分かることになるが、恋人の趣味と性癖では、普通の婚礼生活で行うのは駄目だったということなんですよね。 寡言な恋人が唐突に「宿屋に行こう」と誘ってきた。その無骨な趣がなんかよかった。そして客間に入ると 「コッチに来て」と恋人が大きな鏡の前に立っていた。鏡に写るわたしを後ろから犯して行く。恋人の売り物は特大のコンドームを持参しているほどの巨根で今まで味わったことがないくらい分厚くて硬かった。ベットでは激しく攻められ、意思が遠くなりそうになると、乳首を噛まれ苦痛で我に返るという繰り返し。そのたびに恋人の素晴らしい瞳と視線が当てはまる。完全にSだった。「吹き易いでしょ?吹かせるの賢く無いのにこれ程ビショビショだよ」まさに実行の様な激しいセックスだった。恋人はイキみたいになると抜く、激しく挿入して強く突いている時の恋人の冷めた瞳が印象的だった。わたしは数えられないくらい何度もイッたけど、恋人は「自分は殆どイカナイから」と言いながらシャワー部屋へ入って行った。宿屋を出て並んで歩くときの恋人はきめ細かい笑顔で普通に映像の話をしていた。恋人との顔合わせはわたしにとって、何だかライフスタイルの分かれ道だったという。非日常的風土へエスコートされていく趣。

38年齢サラリーマンが人生の転機だと感じたセフレとのめざましいセックス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です